カリウムを含む食事を摂取する機会

カリウムを含む食事を摂取する機会が少なくなり、日本人は低カリウム症が増えています。サプリメントを用いてのカリウム補給は、重要な意味を持ちます。食事の変化が、カリウムの不足を招く結果になってしまったのはどうしてでしょう。少し前までの日本の家庭では、日々の食事にカリウムを多く含む食物繊維や根菜が数多く用いられていました。当時は野菜大めの食事だったことから、カリウムも必要量を取り入れることができていたものでした。加工食品や、レトルト食品、レストラン等での食事の機会が増えています。そのため、自然と野菜の少ないメニューになって、カリウムを含む食事ができなくなっています。カリウムサプリメントを使ってカリウムを補充する方法は、カリウムが足りない時にはぴったりです。筋肉を収縮させたり、代謝を助けたり、神経の伝達を円滑にするには、細胞内に存在しているカリウムの量が十分であることです。脱力感や全身の倦怠感は、カリウムが不足しているサインである場合もあるとされています。十分なカリウムがないために、身体的な不調が起きることがあります。人の体がきちんと動きつづけるためには、カリウムを摂取する必要があります。カリウムを補充するためには、食事メニューに野菜を増やすことが一番です。それが無理だという人は、サプリメントの使用を検討してみてください。